XOOPS(ずーぷす)とは?

PHP言語で書かれた、Webサイト用CMS(コンテントマネジメントシステム)ソフトウェア。

開発者が日本人のオープンソースのコミュニティサイト構築用ソフト。


XOOPSとは、PHP言語を用いたコミュニティサイト構築用ソフトです。PHP4およびMySQLが利用可能なサーバ設置型ソフトであり、誰もが簡単に、双方向のサイトを構築できる。現在第2世代の XOOPS2 からマルチバイトに対応した XOOPS Cube へ派生、発展しつつある。


要約は上記の通り、でも何だかわからないよね?

アフィリエイトサイトを作る時に、動的にRSSから記事を取得してサイトに反映させることが出来る。有料の商材で似たようなのがあるが同様のことが無料で出来ちゃう。


それも、自由度が非常に高い!

xoopsは、ベースになる基本モジュールがあって、それに、ニュースモジュールやブログモジュール、RSS記事取得モジュール、フォーラムモジュール、ダウンロードモジュール等々がある。

つまり、これを使いこなせばかなり立派な大型サイトだって出来ちゃう。


それぞれのモジュールは、無料で配布されている。
そして、それぞれのモジュールを自由に配置できる。

サイトデザインのテンプレートも、簡単に変更できる。
それも、サイトを見ている人がボタン一つで、デザインを変更できるようにも出来る。

多分メール配信スタンドみたいな事も出来ちゃうかもしれない。


ロリポップサーバーには設置マニュアルがありその通りやれば、誰でもインストールできる。


さて、ここまでは、良いことばかり書いてきました。
確かにその通りです。

私もサーバーにインストールして、RSSを表示させたりしました。


デザインは基本的にCSSで書かれてるから何とかいじれるし、沢山テンプレートが配布されてるから問題ないけど、


ちょっと躓いた時に、とても困る、沢山の質問回答のフォーラムはある。

でも、あなたはPHPわかりますか?


初心者用のサイトでもインストールまでは、わかりやすく書いてあるけど、

うまく変更が反映されないとか、このモジュールの設定の仕方はどうしたらいいの?って時に、専門的な答えしか返ってこない。


PHPファイルを開いて、○○を書き換えてとか言われても PHPの基本を知らない人にとっては敷居が高すぎる。


まぁ、中には設置から設定までやってやるよって言う奇特な人もいる。
初心者に説明するくらいなら自分でやった方が早いから。


でもこれじゃ、いつまでたっても自分で出来ない。
私のように、xoopsを放置してる人は多いんじゃないかな?


ちなみに、Xoopsには Xoops 、Xoops2 、XOOPS Cube とあり、全てに互換しているモジュールとそうでない物があることは、彼らには常識であるため、その違いなどが書かれたサイトは見つけられなかった。

私はこのモジュールのエラーを解決するのに、丸3日を費やした。


もっと目標を下げて、ダウンロード専用のサイトとか、フォーラムだけのサイトに限定すれば、割と簡単に設置できる。

しかし、それだけなら無料のサービスが沢山あるよね。


前回の記事で、MovableType 4の事を書いたが、あれから、テンプレートの編集に挑戦中。

簡単に他のブログに設定を反映させることと、編集を容易にするためにそれぞれのモジュールやら何やらに細かく分けている。

あっちこっちの飛ばされるから、フロー図書かないと多分理解できないよね。

ちょこっと○○を直したいと思った時に、どれをいじればいいのか? 凄そうなのはわかったけれど、使えるようになるんだろうか・・・・


情報商材の中で、凄そうなツールってあるけど、マニュアルやサポートがしっかりしていなければ、ツールを持ってるだけに終わってしまう。

今までは、使いこなせないからダメ商材としてきたが、ツール自体の出来がよいのであれば、ここで わかりやすく説明していきたいなと 上記ソフトを使ってみて感じたことでした。