再生回数を伸ばす動画作成の6大ポイント:YouTube動画活用法

YouTubeビジネス活用法(3)

こんにちは、
ネットコンサルのクエストキングです。

今回から動画作成についての解説を
数回に渡って行っていきます。

まずは基本となる初回の記事をチェック

『YouTube動画ビジネス活用法:概要編』

今回、重要なポイントが続くので
忘れないようにブックマークしておきましょう。

動画作成の視点・考え方

動画コンテンツの作成ポイントに入る前に、
まずは世代によって考え方が違うので、
その辺りのことから説明していきます。

10〜20代の人にとっては、
動画をアップするのは画像をアップするのと
感覚的に何ら変わらない普通の行為ですよね?

なので、スマホで撮影して編集しないで投稿。

YouTubeでカンタンな編集も出来るので、
アプリで写真を加工するのと変わりません。

それと、人に見て貰う動画コンテンツの作成に
とても慣れているので、自然と動画の構成をする
そういったチカラやセンスも備わっているようです。

娘などを見ていても、
誰かに教えて貰うわけでも無く
自分たちであれこれ工夫をしながら、
いろいろ構成を考えて撮影しています。

撮影しては、友人と評価しあって
また撮影を繰り返してるので
めきめき上達するんですね。

なので、この世代にアドバイスすることって
演出だとか魅せ方についてのノウハウ的なことね。

問題なのは、40代、50代以上の世代。

それも特に、私のように50代以上となると
動画撮影がフィルムの時代に育っているので
“気軽”に撮影する感覚って低いのです。

機材も高価なら、フィルムも高かったし、
現像する費用もバカになりませんでした。

現像するまで結果が分からず、
それまで撮り直しが出来ないので
撮影に失敗は許されない感覚なのです。

今でこそ、気軽に撮影できる環境があるので
動画を撮りまくっている人も少なからずいます。

しかし、そういう人でも編集するのが基本で、
『見映え』がするように作ろうとします。

これって自己満足でしか無いんですね。

お客様が求めるモノとの違い

以前、某撮影プロダクションにいた時に、
撮影の合間のスナップ写真を販売していました。

販売する写真を選定するのですが、
撮影カメラマンは静止画は素人なので
写りの悪い写真の方が多いんですよね。

ピントが微妙にずれていたり、
露出や構図が悪かったり・・・・