アクセスUPさせる記事タイトル作成方法:あらゆるコンテンツに生かせるショートストーリー作成方法 実践ポイント

タイトル名作成実践ポイント(7)

こんにちは、
ネットコンサルのクエストキングです。


今回も、読ませるコンテンツ主体で考える
タイトル名の作成方法になります。

まずは前回の記事をチェックしてね。

『クローズアップするポイント』

今回は、ストーリーについて考えていきます。

最後まで気になって読み進めてしまう、
そういう記事コンテンツにはストーリーがあります。

どのように組み立て、どこに気をつけるのか、
そしてそれをタイトルにどう結びつけるのか。

それではスタートです!

笑わせて距離を縮める

良いキャッチコピーを考えて貰うと、大抵の場合
コムツカシイ、ちょっと考えさせられるような
そんなコピーを考える人がいます。

キャッチコピーは、シンプルイズベスト。
パッと見て、「なに? なんだろう?」
「もっと知りたい、この先を読みたい」
って思わせなきゃ意味がないんです。

もちろん、キャッチコーピー=タイトル名ですよ。

見出しにあるように「笑わせる」ことには、
『緊張・不安を取り除く』、『関心を引く』
という、2つの目的を持っています。

例えば初対面の人と話しをする時、
最初に笑いがあると、話がしやすいですよね?

最初の瞬間は相手のことを良く知らないので
不安感や緊張感などがあり固くなってるモノです。

どんなにくだらないジョークでも、
その時だけは天の助けくらいありがたいですよね?

サイトを見るのに、そこまで緊張することは
まず無いとしてもですよ、怪しいサイトかどうか
多少は『警戒』はしているモノですよね?

だからまずは、軽くジャブ程度でも良いので
ニヤッとさせられるように努力します。

【笑わせる努力をする】

こうした心遣いは必ず報われますよ。

続いて、もう一つの目的が
『笑い』で注意を惹きつけること。

例えば身の回りを注意して見てみると
商品名がダジャレになっているモノがあります。

こうした「ダジャレネーム」は、
苦笑いになってしまう場合も多いですが
どういった商品なのか一発でわかります。

もっというと、親しみを感じるはずです、
くだらないと思いつつも好感度は上がってます。

例えば、「熱冷まシート」、「通勤快足」とか・・・
商品を知らなくても、何となくイメージ出来ますね。

ジョークというか、ダジャレが多いんですけど
ダジャレの場合は広い年齢層にアピールできますからね。

意味が通じなければ、ジョークにもなりません。
わかりやすくて、クスッと笑ってしまうモノ。

いえ、大爆笑してしまうモノの方がイイですけど、
そんなコピーは滅多にあるモノじゃないですからね。

要は・・・・