SEOに強く成約率の高い記事作成ポイント&解説:成約率を高める為の6つのポイントと17tips

SEOに強く成約率の高い記事作成方法-6

こんにちは、
ネットコンサルのクエストキングです。

今回は成約率を高めるのに必要なポイントを
6項目に大きく分けて解説します。

まずは、SEOに必要な条件と内容の説明と、
読まれる記事のポイントを先に読んでね。

前回、前々回の記事↓↓↓

『読まれる記事・SEOに強い記事の必須条件』

『読まれる記事・SEOに強い記事の補足説明』

ブラック・ハットな裏技的なSEO手法や、
SNSなどからの集客をメインにする場合は、
今回の想定とは違う為、方向修正が必要です。

検索エンジンからの集客でSEOが必須の場合、
今回の説明が結果に深く影響する事になります。

アクセスの流入経路によって、
読み手(ターゲット)が変わるので、
それに合わせて修正した方が良いのです。

それでは本編のスタートですよ(^o^)

共感・共鳴・共振させる

初期の段階で、記事の内容に興味を持って貰うには
ターゲティングが必須条件となります。

例えば「格安」等の一般向けのキーワードで
広く集客した場合は、マグレに近い成約率です。

さらに芸能ニュースなどに至っては、
1日に数万アクセスあっても成約しないとか。

まぁ、「アフィリエイトで稼げない」人って、
アクセス数しか見ていないから稼げないんです。

逆に成約率重視でサイトを作ると、
1ヶ月に1桁のアクセス数でも売れます。

しかも、5割以上の確率だったりします。

これは極端な例ではありますが、
成約率を高めると稼ぎやすいんですよ。

その代わり、しっかりと読者を限定させます。

必要な人にだけ、コンテンツを見て貰えるように
キーワードやタイトル名、説明文などで絞り込みます。

本文の方でも、同じように読者を特定します。

【人やグループで特定する】

どんな人に知って欲しいことなのか、例えば、
「女性」で「BMI値25以上」で「30歳以上」・・・

このように仮定した条件で該当者に呼びかけます。

なのでその分、アクセス数は減少しますが、
同様にライバルも少なくなっていくので
SEOしなくても上位表示可能になります。

要するに、放置していても稼げるんだよね。
そして、もう一つの絞り込みパターンが、

【シチュエーションで特定する】

「いつ」、「どこで」、「何を」という
背景や行動などを限定したシチュエーションです。

「これから○○○をしたい」というようなケースなど
特定の条件での悩み解消や情報収集してる人ですね。

例えば、旅行に行きたい人にもいろいろあって、
泉質に拘った温泉選びをしてるとか、食事内容、
ベッドのある旅館、畳敷きのホテル、景色優先、

さらに・・・・