アクセスUPさせる記事タイトル作成方法:なぜそれが欲しいのかを考える 実践テンプレート

タイトル名作成実践テンプレート(5)

こんにちは、
ネットコンサルのクエストキングです。

今回も、コンテンツ内容から考える
タイトル名の作成方法になります。

SEOから見ても、魅力的なタイトル名が
検索結果の上位表示に強く影響します。

検索結果が上位で魅力的なタイトル名なら、
アクセスもアップするのは当然ですから、
今回のポイントも見逃さないようにね。

まずは基本となる前回の記事をチェックしてね。

『デメリット→メリット転換5段活用方法)』

前回は、デメリットについて掘り下げています。

検索者は、『損をする』事を極端に嫌いますので、
非常に訴求力の強いタイトル名を作れます。

しかし、それを考える時に重要となるのが
今回の「なぜそれが欲しいのかを考える」なのです。

このポイントがずれていたら、せっかくの
「デメリット→メリット転換」も魅力半減ですよ。


購入する理由を作る

「ちょっと高いけど気になる商品」とか、
「たまにしか使わないけど、あったら便利なモノ」

こういう商品って、勢いで買わないと
冷静になって落ち着いて考えてしまうと
無駄な買いものに思えちゃうんですよね。

そこで『今、買う理由』を教えてあげます。

必要になった時には、手に入らないとか
その時には、今よりも値上がりしているとか、
または、災害に備えるような理由とか・・・

例えば、ユニクロやダイソーなどの商品って、
基本的に同じ商品の再入荷って無いので
「今、買わないと手に入らない」ですから
ちょっとムリをしてでも買ってしまいます。

元々が「価格を抑えた商品」なので、
「今のうちに買っておこう」ができます。

これが高額な商品であれば「諦める」けど、
安くて今しか無いので買ってしまうんですね。

まぁ、それを狙っての販売戦略なワケで、
それを知っていても買ってしまいますよね(^_^;

他にも、テレビやネットで話題になった商品は、
売り場から商品が無くなる事ってよくあるので、
「在庫あります」、「残り○○個です」などが
とっても注目されるキーフレーズになります。

この他、理由なら色んな事が考えられますよね?

例えば、誰かを「喜ばせるため」だとか、
幸せに結びつくようなことなら効果的です。

そのように連想していくと・・・・