SEOに強く成約率の高い記事作成ポイント&解説:読まれる記事とSEO強化、サイト&コンテンツ必須条件

SEOに強く成約率の高い記事作成方法-4

こんにちは、
ネットコンサルのクエストキングです。

「SEOに強く成約率の高い記事」と、
今回の「読まれる記事・SEOに強い記事」は、
実は、ほとんど同じ事を指しているのです。

これまでは、「SEOの為の記事」と、
「成約率を高める記事」、「読まれる記事」は、
それぞれ分けて考えるのが当たり前でした。

ところが、今現在のGoogle SEOでは、
このようにアルゴリズムが変化してきたのです。

【 SEO記事 = 読まれる記事】

もう一つの「成約率の高い記事」の場合、
記事品質の低い「成約しにくい記事」が、
SEOでは下位のページに飛ばされます。

読まれないような『品質の低い記事』は、
検索者が求めていないサイトなワケですよね?

そういった理由から『読まれる記事』でなければ
『成約率の高い記事』も無意味になってしまいます。

というか、読まれないような記事で、
成約率を高めるのは根本的に考え方が違い、
アクセスの集め方自体を工夫する必要があります。

そういった理由から、基本的には
このように考えていくのが無駄がないのです。

【 成約率の高い記事 = 読まれる記事】

今回は、ちょっと高度な話しになり、
「今のあなた」には出来ないかもしれません。

しかし、正しい方向を知ることで、
それに近づいていくことが出来ます。

今回の説明ではムツカシク感じたとしても、
これまでお伝えしてきたことと同じなので
過去の記事を溯って復習してみましょう。

『記事を書くのに悩まない記事作成手順と準備』

『ターゲットを先に決める“ずらしキーワード”テクニック』

『SOAPから見る伝わりやすい文章の書き方』

このシリーズで伝えたいことは一貫していて、
正しくリアルにイメージが伝わるように、
いろんな角度から説明しています。


Google SEOが要求すること


『SEO』という言葉は聞いたことがあると思います。

また意味を知らなければ、検索すれば
『SEO』の意味を知る事が出来ます。

しかし正しい『SEO』の方法については、
デマ・古い情報・誤解を生む表現で溢れており
初心者には、正しい情報かどうか判別できません。

例えば、SEO会社の出す情報が正しいかと言えば、
自社のサービスが売れるようにしか書きません。

古い手法でお金を取るようなケースも多々あります。

もっと言ってしまえば、Googleがアナウンスする
SEOに関する情報も策略が巡らされているのです。

わざわざSEOについての情報を・・・・