アクセスUPさせる記事タイトル作成方法:ひらがな・漢字・カタカナ・数字・記号が持つ意味と使い方
 実践テンプレート

アクセスUPさせる記事タイトル作成方法-10

こんにちは、
ネットコンサルのクエストキングです。

今回は、文字の使い方・選択の仕方などによって
日本語の微妙なニュアンスを伝えるテクニックです。

我々が使う日本語の文章では、
ひらがな・カタカナ・漢字とアルファベット、
英数字・漢数字、記号類などが併用されています。

また、オノマトペが多いのも特徴でしたよね?

そして、この文字種の違いによって
イメージの伝わりやすさが変わってきます。

その辺りを意識して選択、使用して
より相手にイメージしやすくなるようにします。

まずは、基本となる前回の記事をチェックしてね。

『タイトル名作成実践テンプレート(1)』

最後の省略語・短縮形・専門用語も大事なポイントだよ。


漢字・カタカナ・書体・色

かなり基本的な話しになるんですが、
実際にポップやポスターなどを作る時は
かなり気を遣って書いているはずなんですが、
WEB上だと、大ざっぱになってませんか?

簡単に説明すると“文字”から受けるイメージです。

漢字と比べると、ひらがなやカタカナは
柔らかいイメージを受けますよね?

同じように、ひらがなよりもカタカナの方が
明るく活動的なイメージがあったりします。

それと、“読みやすさ”も重要。

ブログのように書体を選べない場合、例えば、
『口』だと記号の『□』なのか、カタカナの『ロ』、
漢字の『口』なのか、前後の文章から推測しないと
それだけでは目視による判別は難しいですよね?

こうした判別がムツカシイ文字は、
『クチ』って書くのが親切ってモンです。

画数の多い漢字なども、
フォントが小さいと潰れて判読不能です。

わざと興味を引くために書くのであればイイのですが、
パソコンが変換してくれるからという理由なら、

「おまえは誰に向かって文章書いてんだよ!!」ってこと。

サイトであれば、明朝体とゴシック体くらいは
書体を指定できますが・・・・