SEOに強く成約率の高い記事作成ポイント&解説:ターゲットを先に決める“ずらしキーワード”テクニック

SEOに強く成約率の高い記事作成方法-2

こんにちは、
ネットコンサルのクエストキングです。

今回は、アフィリエイトで稼ぐ為の
かなり重要な考え方の部分になります。

特に初心者アフィリエイターは、
ライバルと如何に戦わずに出来るか、
これによって、雲泥の差が生まれるわけです。

そこでこれまで、いろいろな有料教材で、
様々なテクニックや考え方が伝えられていました。

ライバルの少ないキーワードの探し方や、
お宝キーワードの探し方、稼げる商品の探し方・・・

上級者になれば、そうムツカシクはないですし、
そもそもSEOのレベルが違うので問題ないんです。

しかも、SEOにコストをかけられない初心者は、
これまで蓄積してきたようなデータも無いのです。

その中で、キーワードや商品の選定をするのは
ほとんど『博打』でしかないんですよね。。

運の良い人は稼げて、運の悪い人は稼げない。

まずは、前回の記事をチェックしてください。

『記事を書くのに悩まない記事作成手順と準備』

これまでにも『ターゲット』と『調査』について
繰り返し、その重要性を説いてきました。

その理由が、今回の記事でよりハッキリと
その必要性がイメージできるはずですよ。



ライバル不在のずらしキーワード戦術

例えば、商品選定から入った時は、
商品に直接関係性の深いキーワードを
いくつも拾い出して、それを使います。

キーワード選定を先に行った時は、
検索数が多く、ライバルサイトが少ないか
ライバルサイトが弱いキーワードを探します。

これらのキーワードは、誰もが知っているキーワードで
ライバルが多いか少ないか、強いか弱いかなのです。

ライバルサイトの強弱などの見分け方もありますが、
経験豊富な上級者のように初心者は見抜けませんし
なにより、調査自体に時間がかかるんですね。

つまり、ライバルありきのキーワードなのです。

ところが、ずらしキーワードの場合は、
直接的に関連性のあるキーワードを使いません。

例えば、PPC広告が存在しないような
成果に直接結びつかないキーワードなのです。

手つかずのブルーオーシャン・・・・