アクセスUPさせる記事タイトル作成方法:興味・関心を引く20ヶのテクニック(2)

アクセスUPさせる記事タイトル作成方法-08

こんにちは、
ネットコンサルのクエストキングです。

今回は前回の続きで、興味・関心を引くテクニック後編。

前回同様に、駆け足で説明していき、 後日、1つ1つを具体例を挙げて説明していきます。

前回の記事↓↓↓

『興味・関心を引く20ヶのテクニック(1)』

つい最近のSEOの話しですが、
Googleモバイルファーストインデックスで、
タイトル名の重要度が増しているようです。

AdSenseを観ていると記事タイトルに留まらず、
見出し文の重要度も増していきそうな感じですね。

シリーズ後半では、こうした最新SEOの話しも
出来るだけ解り易く伝えていこうと考えています。


10.ザイガニック効果を使う

まずは、ザイガニック効果の説明。

『人間は未完了の情報や状態にされた時は、
 表面的には忘れたつもりでも、潜在意識下で
 問題が引き継がれ解決に向けて働き続ける事』

これだと何を言ってるのか良くわかりませんね(^_^;

簡単にイメージ出来るモノと言えば、
テレビのクイズ番組などがありますね。

クイズの答えの前にCMが入ったりして
答えが知りたくて待ってしまいませんか?

それと同じで、途中で止められると、
その続きがスゴク気になっちゃうこと。

私は、これがスッゴク嫌いです。

逆の見方をすると、嫌いになるくらい
もう気になってしょうがないって状態なのです。

また、友人と楽しくお話しをしていて、
会話が途切れちゃう事ってありますよね?

「あのスマホがさ、・・・・」

話の途中で忘れるヤツ、
他のことに興味が移るヤツ、
あなたの知り合いにもいるでしょ??

私も、そう言うタイプかも知れません(^_^;

本人はケロッと忘れてるかも知れないけど、
真面目に話しを聞いてる人にとっては、

「その続きはナニよ!!」って言っちゃいますよ。

はい、自分のことは棚に上げて・・・(^_^;

というわけで、このザイガニックは良く使います。

11.伏せ字って気になるよねー

ここでいう伏せ字というのは、
「○○○を使うと」の“○○○”の事です。

先程のザイガニック効果のように・・・・