ネットショップ運営者へのアドバイス(3)

ネットショップ運営者へのアドバイス(3)

こんにちは、
ネットコンサルタントのクエストです。


ネットショップ向けのアドバイスは今回で3回目。

今や誰でもネットショップを持てて
販売者として小遣い銭を稼ぐことが出来ます。

以前のようにネットショップを開くのに
100万円近い出費をする必要もなくなり
無料で始められるようになりました。

小遣い稼ぎで始めたネットショップが、
大当たりするような例は意外と多く、
ヒットした理由もちゃんとあるのです。

逆にビジネスとして運営していて、
広告費用が嵩んでしまったりする例や、
ライバルとの価格競争に敗れる例もあります。

価格競争を勝ち抜くには、耐力も必要ですが
仕入れ価格や作業の効率化、クレームを減らす、
返品率を下げるなどトータルで戦う必要があります。

しかし、「1円でも安い方」が必ずしも
売れるというわけではないのですよ。

ある程度「安い方」の価格帯にあれば、
見せ方と付随するサービスによって決まります。


新規顧客を効率よく集めるには

価格競争を行う場合は新規顧客の獲得が重要になります。

それは価格比較を行う『安さ重視』の人を
顧客のターゲットとしてしまっているから
「価格の安い店」としか覚えて貰えないからです。

ショップ名を覚えて貰えないし、
サービスも「普通」なので記憶に残りません。

その為、常に新規の客を集め続けなければ
来月もネットショップを続けていくことが出来ない。。

これの極端な例が、戸建て販売で、
生涯に何軒も家を建てる人は少ないし、
ましてや毎年家を建てる人なんていません。

1件の単価が高いからこそ出来ることですが、
価格競争で利益率を下げていると大変です。

『薄利多売』を否定はしませんが、
見直すべきトコロは多くあるはずです。

まず、新規顧客の・・・・