MM総研によると、今後のスマートフォン市場は、
2011年度の660万台から、2015年度には
2030万台で推移し、2015年度には携帯電話
の販売台数に占めるスマホ販売台数比率は54.6%
になるのではと予測しています。

同様に、2015年度末の携帯電話端末契約数に占める
スマートフォン契約率は40%に達すると考えられています。

(出典:MM総研 http://www.m2ri.jp/


携帯アフィリのバブル期と同じか
それ以上の急上昇が予測されるのです。


だって、サイトを閲覧するの楽だもん。

携帯と比べて画面が大きいので、
商品画像も見やすいし、サクサクでしょ?


でね、もうひとつ携帯と大きな違いがあるの。




 カテゴリ
 タグ