ビジネスをしていると、必ず、他社との協力関係が出来ます。


勘違いしている人がいるんだけど、

 外注 = 下請け



この考えで外注を頼むと、非常に効率が悪くなります。


 外注 = 協力会社


なのです。



自分を助けてくれる相手である事。



私が若い頃、

外注さんには「指示を与える」もの

外注さんに、「なめられたら終わり」って考えてました。



確かに指示はしますが、もっと良い方法があるんじゃないですかね?



外注に出すより、「自分でやった方が キレイで早い」

だったら、自分でやれば?


それが出来ないから、お願いするんですよね?



「なめられたらいかん」なんて事を考えてると、
余計な仕事が確実に増えますから(笑)



知っていても、知らない振りして 相手を立てる事をしていくと、相手は能力以上のチカラを発揮してくれるようになります。


こちらが作業の細かな指示を出すよりも、『目的』と『方向』を正しく指し示す事の方が重要なんです。


そして、『相談』するんです。


相手が、何の為に 何をすればいいかを理解して貰う事。


コレが、『作業の指示』だけを与えた場合だと、

求めていた事と違う結果になる事が往々にして発生するんです。
だから、こまめにチェックを入れなければならなくなる。

あなたの仕事が増えるという結果になる。



何の為に、外注するか解らなくなりますよね〜



お互いが目的を明確にする事で、アイデアがどんどん出てきます。

自分自身、はっきり見えていなかった部分も、人と話をする事で明確になったりします。



「今使ってる外注さん、レベル低いんだよな〜」

そう思っている方、


レベルが低いんじゃなくて、あなたにレベルを併せて 故意にレベルを下げているんじゃない?


会社と会社の繋がりは形式的なモノで、

基本は、『個人 対 個人』です。



外注に出して失敗する事に、こういったミスが多いんです。



コミュニケーション能力が、こういった場面でも必要になってきます。



相手の意見を聞く事、目的を理解して貰う努力、それはより良いモノを作ろうと思ったとき、必ず必要になります。



そして、段階ごとのチェック、成果品のチェックの時に、

・良かった点を明確にする

・改善したい点を要望する



良くあるミスで、駄目な点だけを指摘し、最悪なケースでは、叱責・嫌みを言うケース。

こうなると、相手は いやいや仕事をさせられている状態になりますよね〜


「ここをこうした方が、より○○○だよね〜」

「ここの部分を、もっと ○○○したいなぁ」


大切なのは、相手が自ら 目的を達成したいと思わせる事。



十分な打ち合わせもなく、リハーサルもなく、初対面の人たちでぶっつけ本番。


そんな時に、だらだらと不的確な指示を出していたら 説明が終わる前に本番が始まります(笑)


ポイントを抑えること、良い方向に誘導する事。


外注さんと議論するのは大いに結構な事だけど、喧嘩腰では自分のメリットなど無くなってしまいます。



まぁ、中には 最初っからやる気の無い外注さんや、大風呂敷な外注さんもいます。



やたらと細部の事ばかり気にする方も居ます。
この場合は、全体的なイメージを説明した後、事細かな指示が必要になります。


こういう方は、最初メンドクサイんですが 仕事をきっちりやるタイプの人が多いので、小さなポイントを一つ一つ 確認しながら進めるようにしていくと、

次の仕事からは、メッチャ楽に仕事が進みます。



大抵の外注さんに意見を聞くと、驚きの表情をされる事が結構あります。

受け身の方が多いのも事実です。


 「指示を貰う」→「仕事をこなす」


特に、実力がある方に多いです。実力のほんの一部しか使ってないんですよね〜、

私は、スゴクもったいないな〜って思うんですよ。


お金の為に仕事をして貰うんじゃなくて、
自分の為に仕事をして貰える関係を築く事が 一番だと思います。




■編集後記

自分の代わりに働いて貰う。

そこだけを考えた場合、ツール=自動化が一番だよね。


でもね、人と人の場合は、いろんな情報を引き出す事が出来るメリットがある。

「ちょっと教えて〜♪」

私、こういうの得意なんですよ(笑)