今回は、ヤフオクで稼ぐ為の良いマニュアルはないかという読者からの問い合わせがあったため、ヤフオク系でも評判の良い「ヤフオク大全集」について、その中身を暴露しながら説明していきたいと思います。

※ヤフオク大全集とは別に「ヤフオク自動再出品ツール」の説明もあります。




■レビュー

このマニュアルではヤフーオークションでどのように稼いでいくのか?

オークションの出品と、ドロップシッピングの両面から活用することを目的としたマニュアルとなっています。


ヤフーオークションは利用者も多く、オークションのサイトにも詳しい説明があるけれど、体系的に学ぶにはサイトの説明では不十分ですね。

そういう時にこのようなマニュアルを活用するといいです。


まず、第1章はヤフオクへの登録方法である。

また、オークションの価格調査などのために「オークファン」をもっと活用せよということが書かれています。


オークファンを使った過去の落札結果の見方を、フジフィルムのデジタル
カメラFinePIX F30 を例にして説明しています。


商品の撮影方法と画像の加工の方法について、無料の画像処理ソフト「Jtrim」での作業実例が図解されています。


また、ツールを駆使して効率化を図ろうということで、数点のソフトウェアが紹介されていて、それぞれの特徴が述べられている。


オークションの出品というのは単純作業が多い。そういうところはソフトウェアに任せてしまえば効率化が図れるので、結構参考になりますね。

Yahoo Auction 検索島専科、!! 楽札!! ヤフオ君、Auction Limit Bidder、Visual Auction、オークションプレートメーカー2、オークファンらくらく出品ツール、リベンジ☆ヤフーオークション一括再出品ツール、ヤフーユーザーセレクター


この様に具体例を挙げ、支払いや、取引など実践で即 役に立つ情報が記載されている。


また、ドロップシッピングを活用しましょうという事が書かれていて、主なASPの紹介や、問題となる事

・納品書に自分の名前がない
・納期が回答できない
・商品の質問に回答できない
・落札後に在庫がなくなってしまっている可能性がある
・同商品が大量に出品されていることもある
・同一ID での出品ジャンルに気をつける
・決済方法が代金引換しかない
・同時に注文したのに同梱発送できない

についての解決法が説明がなされていたりして、これぞバイブルと言いたくなる。


こういった問題は、実際に経験すると もの凄くありがたみが分かります。
その為だけに、これだけの金額を払っても痛くないと思うでしょうね。


そして、ヤフオクで売れる商品として

・人前で購入しづらい商品
・生活圏では購入できない商品
・話題の商品
・ニッチな分野の商品
・ブランド品
・特産品
・近所よりも安く購入できる商品
・持って帰るのが面倒な商品

これらの説明がなされています。



多くの部分を飛ばしてきたが、実は、商品の説明文・ライティングといった売り方にスペースが大きく割かれています。

また、話しは、マーケティングやコピーライティングにまで及んでいます。


ヤフオク入門者から、中級者レベルまでをカバーしたものと言ってイイでしょう。


>>>ヤフオク大全集<<<



ヤフオクを気軽に始めたい方は、毎月2回の配信のせどり情報や、出品テクニックや海外オークション情報、掲示板でのサポートなどのある「オークセラーズニュースレター」がいいですね。


こちらは21日間のお試しと、ヤフオク大全集抜粋がプレゼントされますので興味がある方はどうぞ。





※無料プレゼントには限りがあります。


PS:どちらの商材も、株式会社セリングコンテンツのモノとなります。


■その他のオススメ ヤフオク系商材

【1,980円の格安マニュアル】日米格差で儲ける!イーベイ(eBay)&ヤフオク超活用法

タイトル通りで、ヤフオクで仕入れて、イーベイ販売ってな事が書かれています。もちろん、その逆も有りですよね。

 実践レビューは こちら


ネット初心者が今日から稼げるポケットマネー!〜無理なく稼げる翌月には月収3万円!〜 インターネット周辺で、お金が落ちている場所をカンタンに見つける方法

 安価だけど、内容が非常に濃いです。これで3000円は安いですよ。



■ヤフオク系で注意したい商材

・美人漫画家・西原いずみの業界初のマンガで描かれたヤフオク教材!漫画家・西原いずみが描いたヤフオクで儲ける入門書

 中身が非常に薄い。ダマされたと感じる方が多いと思います。



■おすすめヤフオク自動再出品ツール

オークション・アマゾン自動再出品ソフト【オメガ】

毎日、200件まで最出品登録が出来るツールです。
このツールのレビューは こちら です。