ヘッダー画像やロゴと言ったモノは、サイトの顔になる部分です。


以前にも、似たような事を書いた記憶がありますが・・・・


一般的に、ネットサーフィンしたりネットショッピングをしたりする人にとっては、サイトのイメージが悪いと直ぐに「戻る」をクリックしてしまいます。


よほど気を引くようなコピーがあるとか、知りたい事が開いたページに書かれていれば別ですが、


つまり、ヘッダー画像をカッコイイのに変えるだけで 記事を読んで貰える可能性が高くなります。


ページに留まってくれさえすれば、アドセンスだってアフィリリンクだって踏んでくれる可能性が高まりますね。


速攻で「戻る」じゃ、サイトを作っても意味な〜いって事になっちゃいます。



まぁ、このブログのようにアフィリエイトの事を知っている人に向けてやってれば別ですけど、それでも、直ぐに戻ってしまう人はいますよ。


ココのように長くやっていると、ロングテールのキーワードでヒットしやすいんで、関係ないところからも見に来る人が出てきますからね。




話しを戻して、ヘッダー画像やロゴをどうやって作ったらいいのかって事になります。



これ、意外と難しいんですよ。


画像処理ソフトの使い方もあるでしょうが、カッコ良く見せる為の秘訣みたいなのがやっぱりあります。


私は、ある程度画像処理ソフトを使えます。でも、カッコイイモノは作れません。


でも、ちょっとしたコツを掴めば 結構簡単にカッコ良さげなモノができるようになります。


例えば、せっかく賢威のテンプレを買ったんなら ちょっと画像を入れ替えてみましょうよ。



画像処理なんてやった事無いって人にとって、難しそうに思えるかも知れないけど、今回紹介する「WEBバナー指南書」は、実例を挙げて説明してくれてるからとても判りやすいです。





サイトの見た目で、内容を判断される事が多いです。

この様な身になる教材は良いですね。自分自身のレベルアップに繋がるし、おまけにサイトの離脱率が下がって、記事を読んで貰えます。



編集後記:
 最近強く思うことがあります。 

「お客様(訪問者)にとって 見やすく使いやすいサイトとは?」

「お客様(訪問者)にとって サイト上のどんなことに興味を引かれるのか」


そんなことを考えています。


デモね、自分一人でず〜〜っと考えてると 独りよがりのモノになってしまうんだよね。 時には良い結果を生むかも知れないけど、それよりも、多くの人の意見を聞いた方が早いですね。

その方が、より多くの人に受け容れられるサイト作りが出来ると思います。


そんな意味でも、プロのデザイナーの意見もスゴク参考になるんだよね。