上位表示競争のゆるいキーワードが1クリックでわかる魔法のツール!リッチキーワードエクスプローラーPLUS

※最初に発売されてから、既に2年以上経ってる定番ツールです。
※販売者:有限会社ルナテック 上野公一



ライバルが少なく、上位表示しやすいキーワードを簡単に調べる事が出来るツール!



キーワード探しって、結構大変。


特に初心者の内は、どんなキーワードが良いのかさっぱり判らないし、ライバルサイトに勝てるだけの技量も持ってないから、辛いですよね?



私は、この様な調査ツールを推奨していませんが、一つの選択肢として紹介しておくべきかなと思いました。


なんと言っても、このツールを実際に使うと止められなくなりますからね〜。まぁ そんな事もあって紹介しない訳にも行かないかなと。



で、このリッチ・キーワード・エクスプローラーですが どんなことを調べるのかというと


調べたいキーワードの複合キーワードを取得します。


そして、それぞれの複合キーワードの月間検索数、Yahoo!での検索結果数、KEI 値、Yahoo!カテゴリー数、PageRank 平均、アドワーズ(アドセンス)スポンサー数、スポンサードサーチ(オーバーチュア)スポンサー数を調べて表示してくれます。


そして、その結果をCSV出力までしてくれます。


で、これだけで終わらないんですよね。


競合分析ツールです!


コレが有り難い。

ライバルサイトの検索結果の順位、タイトル、Google PageRank、Yahoo!カテゴリーサイトかどうか、metaタグ(サイト説明文)、meta タグ(キーワード)、インデックス数、被リンク数、被リンクの質、キーワード出現頻度(個数)、強調キーワード個数、ドメイン取得日、URLが調査されます。


無料でこの様な項目を調べられるサイトがありますね。

でも、ワンボタンでって訳にはいかないです。


この2つのツールが連携している事、複数同時起動できることが調査時間を短縮してくれます。



私が、この様なキーワード調査やライバルサイトの調査を 重要視しないと言っているのは これだけの事を調べるのに多くの時間がかかってしまうからなんですよ。


そんな時間を掛けるくらいなら、自分で検索してみて 直接スポンサーの数を見て、検索結果の上から3番手くらいのサイトの被リンク数を調べるだけにします。まぁ、ライバルサイトのHTMLソースを調べる事もありますが。


とにかく、時間を掛けずにサイトを作る方を優先する事が大事なんですよ。


サイトがなければ、いくらライバルを調べたところで成果は上がりませんからね。絶対に(笑)



ところが、このツールと来たら キーワード入れてほっておく。

もう一つ起動して、別のキーワードを入れてポチッとしておく。


結果が出たら、気になる複合キーワードを 調査ツールを呼び出して調べて貰う。



ツールが動いている間に、無料ブログに登録したり アフィリする商材を探してみたりと他の事が出来る。


ココまで詳細なライバルサイトの情報は必要ないかも知れないが、あって困る事はないよね。



一応、アドセンスをする人の為って事になってるが、物販アフィリにも使えますよ。


デメリットは、高価である事。

必ずしも必要ではないって事。


事実、私は今まで使ってこなかったし。


まぁ、だからといって 無くても良いとも言えないかも知れないが(笑)



ただね、量産する場合は 調査に割く時間がもったいないんだけど、しっかりと作り込みたい場合や、メインサイトを構築する際は やっぱり調べるんですよね。


作り込む場合は、1日でサイト作成が終わる訳じゃなくて 時間を掛けて作っていきますから それを無駄にしない為には、調査するんですよ。


逆に、このリッチ・キーワード・エクスプローラーの様なツールがないと、めんどくさくなって調査を止めてしまう事も・・・・・



特に、アドセンスに力を入れている人にとっては、無くなると困るツールだと思いますね。いやマジで このツールは一度使うと病みつきに成っちゃう中毒性の高いツールです(笑)


上位表示競争のゆるいキーワードが1クリックでわかる魔法のツール!リッチキーワードエクスプローラーPLUS


※稼げるキーワードの選定方法などが書かれたマニュアルも付いてます。

PS:このリッチキーワードエクスプローラー、以前「購入注意」の商材として紹介していましたが、ここに来てバグも取れて まともに動くようになりました。しかし、販売終了してしまうとの事、新たなツールはちゃんと動くんだろうかと不安ですね〜