ヤフオクにしてもそうなんだけど、ネットショップの運営って結構手間がかかるんですよね。


メインをヤフオクでと考えているなら、ネットショップは簡単でよいかも知れませんが、逆のパターンでは、ネットショップの構築に時間と金がかかります。


まぁ、ネットショップ付のレンタルサーバーを借りるのも一つでしょうが、私は、ZenCartを使ってます。


では、なぜZenCartなのかというと、

自由度が高いからです。


そして、この自由度の高さが 初心者を拒絶します。


以前、Xoopsで痛い目に遭っているにもかかわらずの挑戦でした。
でも、ワードプレスも使えるので 本格的なショップ運営を考えているならこれしかないでしょうね。


と言うのも、安いネットショップシステムは、結構売り方などが制限されているんですよ。


どうせやるなら、いろんなセールを組みたいし、いろんな事に挑戦したいじゃないですか。ところが、有料であるにもかかわらず、自由度が低いんですね。


もちろん、それなりの費用を掛ければ 問題とはなりませんけど
システム自体に数十万円の初期投資をしてまで、やろうとはなかなか思えませんよね。


私の場合は、調査&実験がメインなのでなおさらです。


アフィリエイターの私が、ネットショップやるのも変と言えば変化も知れませんけど、良い勉強になりますからね。


で、通常はアフィリエイターがやるとすればドロップシッピングです。


ネットショップで最初に困るのは集客でしょう。


ネットショップにSEOを駆けて、検索エンジンにヒットするようにして集客したり、ヤフオクを使ったりもします。


次に、商品管理。


売れ始めると、在庫を多く抱えるようになるのですが、これが場所を取るんですよ〜
そして、商品の梱包と発送。受注や問い合わせの対応など 売れてくると片手間じゃやってられなくなります。


だからといって、元々安く販売している物に人手を掛ける事も出来ないし・・・・


そして、顧客管理。


そうやって考えると、オリジナル商品でも持っていないと 割が合いません。
実店舗の運営の片手間に始めるなら良いんでしょうね。


知人から聞いた話ですが、福岡のもつ鍋やさんが、昨年の10月頃からネット販売を始めたんです。
これを、その知人が会う人会う人に、おいしかった事を伝えそれをプレゼントしてたんですね。

そして、そのネットショップにはある、有名なアドバイザーも付いていたんですよ。その作戦は、リピーターを増やす事。

初めての購入者には、1食分無料になるクーポン券を付けていたんです。


そしたらなんと、この1月は既に1500食販売したと言ってました!!


リピート率も7割越えとなったそうです。


まぁ、こういう事例もあります。


これは店舗を構えていたからこそ、少ない投資で大きく利益を上げる事が出来た例ですが、私のような店舗を持っていない人には、大きな投資になりますね。


その為だけに人を雇うなど、考えられない話しです。


そう言った、面倒な部分を省いたのがドロップシッピングと言われる、代理販売のようなものです。


販売者ではあるけれど、商品を抱えず、商品説明などもASP任せ、商品を抱えないので発送の手間もいらない。

ある程度の商品価格の設定も出来る。


アフィリよりは報酬がイイ。


だからといって、甘いもんじゃありません。あくまで商売ですからね。
でも、アフィリエイトで実戦経験を積んできた方なら 広告費を下げて、集客・販売出来る方法を考えつくと思います。


ドロップシッピングの入門書は、
『楽店☆18キップ』
バージョンアップして再販された評価の高い教材です。


ドロップシッピングについてのバイブル的な
ドロップシッピング大辞典


ちなみに、ドロップシッピングってシッピング=配送をドロップするって事から始まったんですかね?