チーム478のキャサリンです。


以前レビューしましたが、その中で 「ミドルエディションがお薦め」としていました。


理由は、ファーストエディションでは、アクセスがあって初めてページが作成される為 「ほったらかし」にはならなかったからです。


今回、キャサリンクローラーというツールが 付く事になり、ファーストエディションとセカンドエディションの大きな違いが、1回の設置に対して10サイトと100サイトの違いになりました。


このキャサリンクローラーの登場によって、面倒だったページ作成が半自動化されました。


ちなみに、このキャサリンは「ザク助」の2代目と言う事になります。
ザク助を使った事がある方なら判りますが、大きくバージョンアップしてます。

基本の考え方は同じだけど、細部が大分違っています。
スパムとならない為の変更や、使いやすさの点ですね。


今のところ、自分で使用しているのは、1回の設置で10サイト以内に収まっているので ファーストエディションで十分かも知れないという事。


まぁ、セカンドエディションの100サイトくらい作っていくのがイイとは思うんですが、忙しくてそこまで出来ていないところもあります。


アクセスアップツール 「キャサリン」


このキャサリンは、ビッグキーワードにぶつけるのもイイですが、複合キーワードで サイトの入り口を増やす使い方が合っています。


なので、キャッシュポイントのあるサイトは、ヴァルカンである程度キーワードを絞って商品を紹介して、そこに、キャサリンでアクセスを流すようにしています。


このヴァルカンは、密かに私の好きなツールになっています。正直 あまり紹介したくないくらいに。


また、情報商材をアフィリするサイトに、キャサリンでアクセスを流すのもイイですね。今は、TANAKAに流していますが 単一商材のサイトに流すのが一番イイでしょう。

時間があれば、ちゃんとした記事を書いたサイトにしたいが、時間がないから「きじぶろC」(無料)や「PageMaker-C PRO版」(当サイトの特典)等で、サクッと作ってサクッと関連ページを増やす。


こんな使い方がイイようです。