和佐大輔と言えば、

和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

ですね。詳しくは過去記事の、

和佐大輔・木坂健宣 ネットビジネス大百科 大暴露(1)
和佐大輔・木坂健宣 ネットビジネス大百科 大暴露(2)

をご覧頂くとして、


この方、今回無料で「60日で情報起業」を出しました。

多分、多くの方が紹介しているので、気になってこのブログにたどり着いた人も多いでしょう。


大丈夫ですよ〜〜(^o^)  メルマガ登録が必要になりますけど、和佐氏のメルマガだけですのでご安心下さい。




ここから和佐氏の言です。

「このレポートはある意味僕の魂です。

僕が3年間で、数千時間の労力と数千万円の経費と数百人との出会い、別れ、そして血と汗と涙と割り箸を数千本消費して、やっと手に入れた“生きた情報”です。

稼いでもない、知識ばかりの「なんちゃって起業家」の書いたものとは根本的に違います。

驚くかもしれませんが、僕はビジネス書やマーケティング本を1冊も読んだことがありません。

本棚にはいっぱいあるんですが、もはやオブジェです。

というか、書籍と呼ばれるものを1冊丸々読んだことすらありません(影響力の武器は250ページ目あたりで止まっています。もう半年は開いてないかな・・・ 苦笑)

僕は漫画以外の本は読まないのです(漫画なら5000冊は読んでいます)。

それでも、僕はこうやって現在進行形で誰よりもアグレッシブに色々なことにチャレンジし、そして稼ぎ続けています。

誰もが情報の渦に飲み込まれ、新しい情報を探しさまよい続けているなか、僕だけはなんの情報も探すことなく、本を1冊も読むことなく、普通に稼ぎ続けているのです。



それはなぜか?



それは僕が誰よりも最前線で、ひたすら実践と失敗を繰り返しているからです。

「実践に勝る訓練はない」

まさにその通りです。

そして、実践から得られる情報こそ真の価値があるのです。

今回僕が出した「60日で情報起業」と「情報起業解体新書」。

この2つのレポートで伝えたかったのは、情報起業解体新書では、知識。

そして、60日で情報起業では、ストーリーを読むことによって得られる疑似体験。

この2つです。

僕が本も読まず、3年間ひたすら実践し続けて得た知識と経験、つまり、僕の魂がここにあるのです。

自分で言うのは恥ずかしいですが、これ以上にない最高のレポートだと思っています。

そんな僕の魂を、1人でも多くの人に手渡したいのです。

だって、魂を込めた渾身のレポートですから、1人でも多くの人に読んでもらいたいというのが人情じゃないですか(笑)

僕はこの2年間、ずっと業界健全化運動をしています。

といっても、僕にできることは本当に価値のある情報を1人でも多くの人に提供することぐらいですが。

この2年間で思ったことは1つ。

「正しい情報を多くの人に伝えることが如何に難しく、そして大変か」

ということです。

痛烈に感じています。」

と続いています。


登録はこちらのページから↓
>>>60日で情報起業<<<

いつでも手に入るというモノではないので、この機会を見逃さない方がいいですよ。


PS:超実践型アフィリエイトサイト量産ツール「AQUAS」
 11月5日いっぱいでバージョンアップにつき、値上げになります。
 (既に、バージョンアップ版が利用出来るようです)