今回は改めて、アフィリエイトの基本的な戦略等について書いてみたいと思います。


と、その前に、左サイドバーの上に検索窓を設置しました。

グーグルアドセンスの「検索向けアドセンス」が使いやすくなったのと、記事の量が増えて 過去記事を探すのが大変になったためです。




■アフィリエイトの作業

「アフィリエイトとは?」「アフィリエイトのASPはどこが良いの?」等々の質問は他のサイトにお任せします。


まず初めにする事は、何を紹介するかを決める事ですね?


当然単価が高いモノが目に付きます。でも、競合が多いです。


中には、競合が少ない新しいキーワードがあるかも知れませんね。
そういうキーワードが見つかればラッキーです。



では、どうするか。


クッキーを踏んで貰う事に専念する。



はい、当たり前の回答です。これが広く一般的に行われている事で、サイトやページの量産によって、成果を上げていきます。


この場合、中身は大して重要ではありません。アドセンスサイトに近い考え方でイイと思いますよ。


誘導したいリンクに、行くようにする。


今、一押しのツールは「Moai」ですね。



☆中身が薄いサイトで、クッキーを踏ませる事を目的とした量産サイトの作成。



次に上げるのが、
☆一つのサイトの成約率を上げる事。

『アフィリエイターズ・バイブルVol.1&2』等で詳しく書かれています。

アフィリエイト系の情報商材、「タイムシフトアフィリ」なども、こういった成約率を上げるサイトの作り方が基本となります。



ツールを使った方法が前者で、手作りで作り込んでいくのが後者となります。



それでは、アクセスアップやSEOはどうしたらいいのだろうか?



2大検索エンジンの客層の違い・傾向

●ヤフーの検索結果から。

 パソコン初心者や、インターネットやパソコンに余り詳しくない方の利用が多く、アドセンスやテキストリンクをクリックして貰いやすい。


また、興味や注意を引くバナー広告もクリックされやすい。


●グーグルの検索結果から。

 アドセンスは、ヤフーからと比べて半分以下のクリック率。

対して、物販に関しては 商品名や型番などでも検索してくるため、購入意欲が高く成約しやすい傾向にある。



この辺をふまえた上で、ヤフーからの集客をメインにするかグーグルをメインにするかを考えた方が良いかもしれません。


例えば、このブログ 検索エンジン別では約9割がグーグルからのアクセスになります。確かに、ヤフーでは余り上位に来ていないかも知れません。


でも実際は、結構上位に表示されてるんですよ。しかし、ヤフーからのアクセスは少ないんです。


そして、特にグーグルからの訪問者は 検索結果の1ページ目の上位は重要ではないと言う事です。もちろん 上位である方がアクセス数は増えるでしょう、しかし、情報を求めている方は 3ページ目や5ページ目でも訪問してくれるんです。



■アクセスの集め方

これはメインとするモノが、ブログなのかサイトなのかによって若干違ったりもしますが、基本的には 検索結果からと、誘導サイトからになります。



検索結果の上位に表示させる方法については、ここでは書ききれないので割愛します。


もう一つの、誘導サイトについて


これは、誘導したいサイトの属性に合致し、かつ、アクセスを集められるサイトを作るという事です。


このサイト(ブログ)では、一切アフィリエイトはしません。とても手間のかかる作業になります。しかし、こういうサイトを持つ事が出来れば 先程のSEOにそれほど時間を割かなくても良くなりますね。




■最後に

ツールを使ったアフィリエイトでも、SEOを施したり、アクセスを流したりという事が必要になります。その為に、サテライトサイトという考え方が一般的になりました。


つまり、メインサイトに アクセスと被リンクを同時に送る10〜100個ほどのサイトです。


このサテライトサイトは、メインに対して専属のサテライトを用意するのが基本となります。


これらのサイトを量産するツールもありますね。
ザク助』が、これに当たります。


どちらかというと、内部リンク(サイト内ページ)として扱うのが良いようです。もちろん、異なるIPで沢山設置する事も出来ますが、サイト内ページとしての扱いの方が、SEO上ペナルティを受けずに済むためこちらの方法を薦めます。



アフィリエイトは、簡単に 費用を掛けずに始める事が出来ます。
しかし、多くの人が稼げずに辞めていきます。


良く言われているように、コツコツと作業を積み重ねていく事が第一です。


一つのサイトを成長させるのも良いでしょう。そこから、膨らませる事も出来ます。しかし、直ぐに辞めてしまったら 得られる物は何もありません。


”稼げないサイトは捨てろ”

いいえ、生かしましょうよ。せっかく作ったんですからね。


作り直して使うのも一つですし、バックリンク用にするのもイイでしょう。捨てる必要など無いんですよ。インデックスされているなら有効に使いましょう。



ネットでのビジネスは、投資によって大きく収入を伸ばす事が出来ます。これは、アフィリエイトも同じなんです。


情報商材を買ってノウハウを手に入れる事も、投資の一つです。

ツールを購入して、作業を効率化させるのも一つです。

PPC広告を出して、アフィリエイトするのも一つです。

アルバイトを雇って、アフィリサイトを量産するのも一つなんです。


アフィリエイトもビジネスである事を忘れてはいけません。


と言う事で、今日はこの辺で。