アドセンスマスター養成プログラム 徹底レビュー
(アクロサーブ)

100名限定だそうです。


では、今回はマニュアルを見ていきましょう。


---- 目 次 ----

第0章 アドセンスとは?

第1章 アドセンスを始めよう!
・アドセンスアカウントの準備
・アドセンスアカウントの申請
・アドセンスサイトの構成について

第2章 アドセンスで稼ぐために1番重要な事
・キーワードについて
・クリック単価が高いキーワードの見つけ方
・キーワードの選別
・クリック単価が安いアドセンス広告を表示させない方法
・間違いキーワード
・複合キーワードの選び方
・リアルなキーワード
・季節もののキーワード
・旬のキーワード
・意外なキーワード
・キーワード選びの注意点!
・サイトを作成する前に

第3章 アドセンス実践偏
・無料で月に5万稼ぐサイトの作成方法
・Seesaa ブログの主な設定
・実際にサイト作成してみよう!
・サブドメインの設定について
・サイトタイトルの重要性
・実際に記事を書いてみよう!
・文章の書き方「TAS法」
・アドセンスの貼り方について
・アドセンス広告を貼る前にやる作業
・アドセンス広告を実際に貼ってみよう!
・アドセンス広告の貼り方.1
・アドセンス広告の貼り方.2
・アドセンス広告の貼り方.3

応用編
・アドセンス広告の貼り方.4
・サイトの背景にアドセンス広告の色を合わせる方法
・検索エンジンの登録
・日本で一番大手のヤフーにインデックスさせる方法
・チャネルの登録
・ランキング登録
・Seesaa ブログでランキングのリンクを張る方法
・ping の設定
・ソーシャルブックマークの登録
・自分のサイトをブックマークしてもらう
・相互リンクの依頼
・Ping 一括送信サービスの利用
・トラックバックについて
・アクセス解析の設定
・IPアドレスの分散、リンクについて

まとめ

おまけ



となっています。



第0章から、第1章はアドセンスについての説明と アドセンスのアカウントを取得するまでの内容・注意事項が書かれています。

以前と比べて、アドセンスのアカウントの取得は簡単になりました。審査自体も甘くなったようです。

マニュアル内では、「突然のアカウントの停止がある」と書かれていますが、現在はそのような事はないはずです。


私自身が体験しています。私だけが特別待遇を受けたとは考えにくいですしね。

それよりも、アドセンス・アドワースでの運営方法に違いが出てきたと考えるべきでしょう。


現在、ブロガーなどの無料ブログで 自分のアカウントでアドセンスが貼れるようになってます。広告の種類も増えましたね?


そして、初心者にも分かりやすく説明した日本語の資料が用意されましたね。


広告を貼ってくれる人を沢山集めて、その方達からの成約率が上がるように教育する事。これがグーグルにとって、大きな利益になると言う事。それが今まで出来ていなかった、そこまで手が回らなかった。と言う事でしょうか。



■第2章は、アドセンスのキモとなる 「キーワード」の選定に関する話が書かれています。

例えば、「クリック単価が高いキーワードの見つけ方」には

「クリック単価が高いキーワードの一例としては、基本的に広告を沢山出している企業などの広告があります。例えばテレビのCMでよくみるキャッシングやローンなどに関連するキーワードは非常にクリック単価が高いです。また、電車の中の広告や街中でよく目にする広告はインターネット上でも広告を出しているので、よく見かける広告に関連するキーワードを見つけたら、一度グーグルでスポンサー数を確認してみてください。クリック単価が高いキーワードはすぐに見つけられるようになります。クリック単価が高いキーワードの一例としては、基本的に広告を沢山出している企業などの広告があります。例えばテレビのCMでよくみるキャッシングやローンなどに関連するキーワードは非常にクリック単価が高いです。また、電車の中の広告や街中でよく目にする広告はインターネット上でも広告を出しているので、よく見かける広告に関連するキーワードを見つけたら、一度グーグルでスポンサー数を確認してみてください。クリック単価が高いキーワードはすぐに見つけられるようになります。」

と言うように説明が続きます。


尚、このマニュアルにはない『簡単にアドセンス高単価キーワードを探す方法』を、特典としておつけします。


この方法は、市場調査を行っていて気が付いた方法です。
これから商材を作る時・販売する時の調査です。お楽しみに!


初心者に優しいという点では、セミナーの方で検索の仕方についての説明がありました。


検索の仕方自体が良くわかってない方はアドセンスで稼ぐのは難しいので、是非覚えて欲しいと簡単な説明をしています。


その他に、キーワードの選定時のライバルサイトの見極め方とか、キーワード自体の選び方。

私も知らなかった、「クリック単価が安いアドセンス広告を表示させない方法」や旬なキーワードの探し方など、本当に細かく書かれています。


また、意外なキーワードについても大変参考になりました。


そしてこの章の最後に

「 キーワード選びの注意点!
アドセンスで稼ぐ為にはキーワードが一番大事だと言っても良いですが、キーワードを意識するあまりにそれに時間を取られてしまい、サイトが作成出来ないという事態も出てくるかと思います。

ですが、サイトを作成しなければアドセンスの収入が上がる事はありませんので、最初のうちはキーワードを見つけたらサイトを作成する癖をつけてください。その癖をつける事によって、あなたの今後のアドセンス収入が大きく変わっていくと思います。」(以下略)


このような注意書きが、実際にアドセンスをした事のある方には非常にありがたい事はわかって貰えるでしょう。


そうなんですよ、悩むんですよ。そしてそれに無駄に時間を掛けてしまって ほとんどサイトを作らずに辞めてしまう訳ですね。


そしてこの後、

「基本的にアドセンスでより多くの収入を得る為には、サイトの量産は必要不可欠です。

 例えば1サイト1ヶ月で2$(約200円)稼いでくれるサイトを作
成できたとしたら、そのサイトと同じ要領で100サイト作成すれば、月に2万円以上のアドセンス収入を得ることが可能になります。

 最初はサイトを作ってから収益が上がるまでは多少時間が掛かります。 (作業量によって個人差があります)ですので、中々収益が上がらないからといって落ち込むことはありません。

 まずは自分の中で1日1サイトを目標にサイト作成を行なって下さい。1ヶ月後にはあなたのサイト数は30程になっているはずです。

そして1サイト2$稼げるサイトが完成していれば、月に6000円以上のアドセンス収入を得ることが可能になっています。」

と続いています。


これが続ける事。繰り返す事の重要性です。


あなたの積み重ねた作業の結果が、今後の収入に繋がります。

1サイト2$、私の経験では低単価なキーワードでも そのくらいはブログで稼いでましたね。物販用のブログでしたけどね。


そして、数多く作成した中には 必ずヒットするサイトが出てくるんですよ。私の数少ないサイトでも、月50$ほど稼ぐサイトがありました。

これも物販用のサイトでした。つまり、導線はアフィリリンクへの誘導がメインであるにもかかわらず、アドセンスにも流れてくれた訳です。


これが、アドセンスだけでしたらどうでしょうか?




■第3章 アドセンス実践偏


ここではブログを作成していきます。
最初の内は無料ブログを進めています。


この中で、ブログでのSEOやアクセスの集め方などの注意事項が書かれています。


そして、文章の書き方ですね。ここの部分も皆さん苦労しているところだと思います。


特に、キーワードのちりばめ方なんかは重要になりますね。


アドセンスの貼り方も、ダブルの貼り方とか、記事の下に貼る方法、色の合わせ方(無料ソフトの紹介)等々が書かれています。

ちなみに、アドセンス用のテンプレートやブログなどが特典で付いてきてましたね。



アクセスアップの方法の中で、相互リンクのお願いとか、ランキングへの参加方法が書かれていますが、この部分をやり始めると時間がいくらあっても足りないので、こういう方法もあるんだなくらいに思っていた方が良いですね。


ただ、メインのサイトだけは 出来るだけの事はしましょう。


ブログ村でのトラックバックコミュだけでも、参加した方が良いでしょう。また、あし@は 基本的にブログ作成者からの訪問なので、属性を考えた上で貼りましょう。


サイトやブログでアドセンスを貼る場合、注意して欲しいのは ページの読み込みが遅いと、アドセンスにはクリックして貰えません。

読み込みが遅くても、引きつけるモノがそこにあれば、開くのを待っていて貰えるでしょうが、アドセンスサイトでそのような手間暇を掛けるのは、時間の無駄だと多くの方は答えるでしょう。



IPアドレスの分散について書かれている部分がありますが、

サテライトサイトとまとめサイトという分け方をすると、そのような事も言えるのですが 考え方を変えると、

まとめサイトの同種のサブサイトが沢山ある。と見た場合、決してSEO上不利になるような事はなく、むしろ評価される事になります。


被リンクを受ける場合、サテライトサイトの場合は IPアドレスの分散が必要という事になります。


自分が作った同じ属性のサイトからは、関連サイトと思われても良いんですよ。同じ内容でなければね。

逆に、別の手段・方法で被リンクを受けた方が 時間的・費用的に見てイイでしょう。



え〜〜 大分、内容から脱線する部分がありましたので またしても長くなってしまいました。


続きは次回となりますがご勘弁を。


アドセンスマスター養成プログラム

ここでしか入らない特典付き
『簡単にアドセンス高単価キーワードを探す方法』


↓↓いつも応援ありがとう↓↓

 d_03.gif