“新・情報ビジネス”【億の夢道】究極STEP20&初心者必須ベース




1.

まずこの商材は、月商1,000 万円〜 2,000 万円を情報商材販売で6 ヶ月連続で売り上げてきた葉山氏独自のアフィリエイター活用の戦略と戦術を中心としたものです。


始めになぜ情報ビジネスを薦めるのか、


それは、ローリスクでしかも早いスピードで収入を得ることができ、しかもまだこのビジネスは「成熟期」に入ってすらいないなど、その理由を説明するところから始まっています。


その上で、成功するまでの道のりとして重要なマインドに関する話やリアルのビジネスで用いられるフレームワークを多数説明していっています。


例えば、マインドの部分では「夢」「目標」が不可欠であり、成功するための「目標」は断定的である、と書かれています。


「必ず〜する」ということ。


また、一番「実現したいこと」は何でしょうと自問自答してください、という。

ここでは、その「ブレインダンプ」を薦めている。


これは、一つのテーマについて、50から100、どんな案でもいいから紙に書き出すことである。また、3年以内に「実現したいこと」を紙に書き出すことを勧めている。


その際、実現したいこと10、入手したいもの10といったふうに書き出してみるという。


これらは、NLPや自己啓発などで良く用いられる手法である。


多くの成功者が自身の成功の理由を説明する時によく話すのが、この夢や目標が明確であったということである。


テクニックも確かに重要だがこのようなマインド面を確固たるものとするのも成功する上で重要なステップである。


多くの人が敬遠しがちだがこういった部分を、葉山氏は馬鹿にせずにしっかりと説明している。当たり前だがとても重要な事です。




2. ビジネスの基礎とフレームワーク


葉山氏は、ここからビジネスの基礎や大変多くのフレームを話していく。


例えば、「経営ビジョン」や「経営戦略」、「ビジネスをする領域」の決定などをまずは挙げている。


情報ビジネスと言うと、副業と言う位置づけとして受け取ってしまっている人が多い。結果、ビジネスの基礎やマインド、フレームワークなんて関係ない。感覚でやればいい、と多くの人は思ってしまっているだろう。


しかし、こういった基礎を地盤固めをすることは 長期的に成功する鍵になることは間違いない。なぜなら、短期的な商材の売り切りでは利益は膨らまないからであり、経営ビジョンや戦略なくして継続的にビジネスを行うことは不可能に等しい。


それは、地図なき泥舟がどこに向かうかも分からず大海をさまようようなものなのである。こういったマインドや基礎をこの商材を読まれる際には是非大事にしてほしいと思う。


この後、「コア・コンピタンス」の説明や、「経営資源」を活用することについての説明、その他「事業ポートフォリオ」、「コスト・リーダーシップ戦略」、「差別化戦略」、「3C分析」「チャレンジャー戦」、「フォロワー戦略」「PDCAサイクル」「ブランド戦略」「ニッチャー戦略」「マーケティングミックス(4P )」「マーケティング」「商品開発」「80:20の法則」などの説明が行われる。


これらは大学の経済学部や商学部、経営学部などを卒業していたり、リアルのビジネスをしている人から見ると全て当たり前のように知っている内容かもしれないし、市販の書籍でも得られる知識なので、もしかすると、ここで話される内容にそれほどの価値がないように感じる人もいるかもしれない。


しかし、注目したいのは、それぞれのビジネスフレームワークを情報商材ビジネスに当てはめて解説をしているところに価値がある。もちろん全てがそうではないが。例えば「3C分析」とは何か、多くの人が知っているはずだ。

※カスタマー( 顧客)、コンペティター( 競合)、カンパニー( 自社) のことだ(本編ではカスタマーを市場と訳していた)。


そんなことは当然知っているし、大学の講義や市販の本で読んだことがある。だからこの内容にも価値を感じない、というのであれば、それには少し早いように思われる。


なぜなら、情報業界においてコンペティターはどうやって探すのかなど、情報業界に当てはめた説明がされているからだ。


当然情報業界に当てはめてビジネスフレームワークを説明するなどということは大学の講義や市販の本では説明されていないし、ここまで葉山氏のようにリアルでのビジネスの心得がなければ説明ができないだろう。何より、市販の書籍では難解な言い回しが多くわかりにくい。


ここで説明される内容は経営として、戦略的に情報ビジネスのベースを
学ぶ良い機会になるだろう。



1回目はここまで、




先週お送りした、和佐・木坂の情報商材


ネット・ビジネス・アーカイブ


インターネットでのビジネスの全てがわかる教材。

今回の葉山氏の商材もイイ方ですが、本気の人にはこちらは断然オススメします。




PS:今回の葉山氏や、このブログで過去に度々ご紹介してきた「真・メルマガアフィリ」「ゴールドラッシュ」などの田窪氏も参加されている「次世代情報ビジネスパッケージ」も、安心してオススメ出来る商材です。っていうか、田窪さんには稼がせて貰ったという方多いですからね。


次世代情報ビジネス開発チーム
葉山直樹 宮川明 立間義男 田窪洋士 平山敬博 赤川静雄


「日本の情報ビジネス界の常識を覆す程の内容」田窪洋士の音声ファイルを入手しましたので、是非聞いてみて下さい。

  音声ファイルはこちら




↓↓いつも応援ありがとう↓↓

 d_03.gif