分相応


かれこれ、20年ほど前

新宿の総会屋のボスが、


 「人にはそれぞれ、分というモノがあるんだ。

 それを勘違いすると痛い目に遭うんだよ」


 「分相応に生きるのが、幸せを掴むためには必要なんだ」



まぁ、職業柄、分相応に生きていない方がターゲットになっていただけに、凄みのある言葉でしたね。


で、何でこんな事を書いたのかというと、


常々、こちらで『成功するためには』とか『目標を達成するためには』などと言う事を書いています。


一見すると、『分相応に生きる』事と相反しているようにも見えますね。


ここからは 他ではお目にかかれ無いような内容になりますよ。



『分』とは、平たく言えば その人の器みたいなモンです。

その器以上の事は出来ないし、そんな事しちゃ危ないよと 先人達は書き残しています。


実は、これがスゴク重要なんですが、


目的を果たすために、成功するためには、



この器を大きくする作業が必要なんです。


つまり、あなたの器が少しずつ大きくなれば、あなたの器にふさわしい生活が送れるわけです。それが収入であったり、環境であったり。



イメージ出来ましたか?


「成功するためには、○○しなさい」と言っているのは、


『分』という『器(うつわ)』を、大きくしていく事だったんです。


『分相応』というのはその人にとって、自然な状態な訳です。それ以下であってもダメなんです。


だから、今月収50万円しか稼いでいない人が、いきなり100万円は得られたとしても、どこかに無理が生じてしまうのです。



でもそれが、アフィリエイトを始めて


「始めて5000円が得られた!」

「次は、なんと3万円だ!」

「お、今度は3万5千円か、ちょっとやり方変えてみようか」

「やった、5万円だ〜」

   ・
   ・
   ・
   ・
「濃い読者も集まって、1回メール流せば10万行けるようになった〜」


このように、少しずつレベルアップを繰り返していくと、

3ヶ月後の自分の姿が想像出来るようになります。


仮にその通りにならなかったとしても、少なくともそれに近づいているはずですね

『器』がドンドン、大きくなっていくのが実感として掴めているからです。


この状態になれば、月収100万円も500万円も、夢の数字ではなくなっているはずです。


これが、『成功の体験を積み重ねる』と言う事なんです。

それが、『自分に自信が持てる』状態な訳です。

『成功の体験』の中には、多くの失敗があっても良いんです。


それは成功へと必ず結びつくのだから、器のストレッチにはなってるはずですよ。


夢は実現出来るモノ、あきらめるモノでも、絵空事でもない。

努力する人にとって、それは実現可能な事なんです。


『分相応』という言葉は、人生をあきらめたり、何かを我慢したりする言葉ではないのです。


↓↓いつも応援ありがとう↓↓

 d_03.gif
 カテゴリ
 タグ