2008年01月の記事一覧

月別アーカイブ:2008年01月

2008年01月の記事一覧。情報商材のレビューと、詐欺商材注意報、アフィリエイト入門、SEO・アクセスアップの情報提供

2008-01-30☆成功する為に
目標達成への道 第3回目となりました。今日は、弓道 について弓道とは和弓を用いて矢を射て、的に中(あ)てる一連の所作を通して心身の鍛錬をする日本の武道。 とWi…

記事を読む

2008-01-28☆アフィリエイト入門
記事のタイトル通り、手書きも 文章を書くのも苦手です。でも、これが俺の書いた文字だぞって 少しは胸を張れるようになった。字を書くのが恥ずかしくて、ペン字を習っ…

記事を読む

2008-01-27▼購入注意! 要注意情報商材
株式会社トレンドライフの情報商材ジャーナルからFX系の詐欺商材への注意が出ていましたので、転載したいと思います。---------------------------転載 ここから-------…

記事を読む

目標達成への道 3

目標達成への道 第3回目となりました。


今日は、弓道 について


弓道とは

和弓を用いて矢を射て、的に中(あ)てる一連の所作を通して心身の鍛錬をする日本の武道。 とWikipediaに書かれています。



実はこの弓道、アメリカでブームになった事があるんですね。


それも、弓を使わないで。

今で言えば、エア弓道です。


「へぇ〜 そうなんだ」


すいません、言い過ぎました。



流行ったのは、「○○道」といった、マインド的なモノです。


その中でも、「弓道」は、目標達成の仕方を非常にイメージしやすい為、引用される事が多かったっんです。



弓道の射法とは、

射法とは、弓矢をもって射を行う場合の射術の法則をいい、弓道を修練する場合には、まずその基準となり法則となっている射法を、よく理解することが必要である。
 昔から射法の形式は七道または五味七道と称して、一本の矢を射る過程をその推移に順応し、七項目にわけて説明されているが、近世これに「残心」(残身)という一項を加えて八節となった。すなわち、次のような名称で区分されている。

一、足踏み(あしぶみ)
二、胴造り(どうづくり)
三、弓構え(ゆがまえ)
四、打起し(うちおこし)
五、引分け(ひきわけ)
六、会(かい)
七、離れ(はなれ)
八、残心(残身)(ざんしん)

 上記のように区分されているが、射の運行にあたってはこれらは終始関連して一環をなし、その間分離断絶することがあってはならない。たとえば一射は一本の竹のようなもので、この一貫した竹に八つの節があると同じである。八つの節は相互に関連する一本の竹であるけれども、また異なった八つの節であることに注意しなくてはならない。

と、(財)全日本弓道連盟のHPに書かれている。



それぞれを、目標の達成の仕方に当てはめると以下のようになる。

1.足踏み :的と足を一直線上に置く
      目的と、存在理由の確認


2.胴造り :呼吸を整え自然体に立つ
      目標をリアルにイメージする


3.弓構え :矢を弓につがえ左手を確かめる。そして、標的を正視し物見に入る
      目標と、それを達成する為の方法・手段を確認する。


4.打起し :弓を頭上に持ち上げる
      欲望、モチベーションを高める


5.引分け :弓を前に押しだし、弦を後ろに引く。
      熱意、情熱をかき立て


6.櫂   :弓をいっぱいに引き、射線を合わせる。
      アファーメーションをかけながら、行動に移す


7.離れ  :矢が自然に離れていくまで、気力を充実させる。
      行動の結果を、評価・分析する


8.残心  :身体を自然に任せ、弓を身体の前におろして頭を元に戻す。
      行動の結果を、受け容れる。


と言う具合である。


言葉云々よりも、射法をイメージしてもらった方が 行動を起こす時に意識を集中しやすくなる。



前回までに、自分の欲望と、自ら設けた壁が見えてきているはず。
今回の、行動のイメージと合わせて、次回 目標設定の方法に移りたい。

----------------------------------------------------------------
編集後記:

 つかれた〜 、何かテキストの様な物が有れば、記事を書きやすいんだけど SMIプログラムもどこかにやってしまったし、NLPが一番近いんだけど、物足りない部分があるんで 私の頭の中で再構築して書いてます。

 
 カテゴリ

文章書くの苦手です。

記事のタイトル通り、手書きも 文章を書くのも苦手です。



でも、これが俺の書いた文字だぞって 少しは胸を張れるようになった。



字を書くのが恥ずかしくて、ペン字を習ったとかそういう訳じゃないけど、人前で書く事を繰り返している内に、何だか自信がついて来ちゃった。


文章にしてもそうです。


始めてブログをやった時は、「俺の記事が インターネット上に公開されるのか〜 恥ずかしいなぁ」などと、思っていましたよ。


今でも、決して上手に文章を書く事は出来ないけれど、私は作家じゃないですし、誰も、そんな事望んじゃいない。


私が伝えたい事と、情報を求めている人のニーズが合っていて、最低限、伝えたい事が伝われば 目的は達成されてます。


もちろん、伝える技術というモノもあります。


でも、ブログアフィリエイトで一番必要なのは、率直な感想を書く事だと思っています。


その情報商材を使ってみてどうだったのか、ココが良かったとか悪かったとか、こうすればもっと良いのにとか、感想文みたいなモンですかね?


だって、情報商材のレビューを検索してくる人は、購入者の率直な感想ですから。


上手なセールスレターを読みに来る訳じゃないからね



私が読んでみて、参考になったのは「舞台裏ライティング」。
私には、最初 凄く読みづらかったけど 読み慣れると それぞれ色分けしてあって、後から読み返す時は ス〜っと必要なところが見つけられる。例文を多用していて わかりやすいし。


で、内容は 
・ブログの記事を反応を見ながら書いていく
・感動を与える文章の書き方
って当たりが、凄く参考になってるよ。


価格が安かったので、調べもせずに購入したけど、結果オーライだったね。


で、欠点が さっきも言ったけど 読みづらい事。
だから、ここから購入に進んでくれた人には、読みやすくてわかりやすい質問形式のレポートを、プレゼントします。

 稼ぐ人たちが堂々と使っている言葉の仕掛けを大公開、舞台裏らいてぃんぐ〜アフィリエイター用〜


この商材を買わなくても、参考に出来る人は沢山います。

例えば、先日の記事
「目標達成への道 2」
のコメントに、

「書くの苦手です」と書かれた、ゆきもんさんのブログ
アフィリエイトとSEO対策で月30万稼ぐ授業

とか、satobeeさんのブログ
初めてのお小遣い稼ぎに挑戦!!

私は、こういうの好きですね。



PS:
 先日、メールで

 「こちらのブログでは、日給8万円のリンクが貼ってないですけど、オススメ商材ではないのですか?」

 と言う質問がありました。


『日給8万円』、『爆転』、『マルチWin』良いと思いますよ。
オススメです。リンクは貼ってないけれど購入して下さる方は、左下の商材検索から、わざわざ検索して買ってくれてます。


「なぜ、そんな手間を掛けさせるのか?」


すいません、私その3つ、買ってないんです。だから、リンク貼ってません。それに、私からじゃなくても、実践者の方沢山いるし・・・・


     間違ってますかね?

----------------------------------------------------------------
編集後記:

 只今、ポイントシステム導入の準備中です。
 DSRに、あったんですよ。知らなかった。

 タグ

【注意】7日で会社を辞めれた魔法のFX投資術☆★未来予想型Rays・FX

株式会社トレンドライフの情報商材ジャーナルからFX系の詐欺商材への注意が出ていましたので、転載したいと思います。

---------------------------転載 ここから-----------------------

7日で会社を辞めれた魔法のFX投資術☆★未来予想型Rays・FX

■発行元    ライアックス
■運営責任者  綱島大輔
■所在地    東京都千代田区六番町1
■電話     090-3135−3808 
■メールアドレスrays@fxt.name
■価格     29,800円

まずこの商材は28ページ。購入したものはまず拍子抜けする。
画面キャプチャーでページを稼いでいる上に始めの数ページは体験談などの序文なので、正味の文字数はこのメルマガより少ないだろう。


肝心の商材だが、中身を見て呆然としてしまった。
「サラのシステムトレード」
 http://sarahfx.jp/
と、ほぼ同じ手法が紹介されていたのだ。
「Rays・FX」の作者が、「サラのシステムトレード」を読んで商材をつくったとは立証できないが、まったく関係の無い二人の作者がここまで似通った取引手法を思いつくものだろうか。


販売HPのチャートからはVTで、平均足と移動平均らしき二本の線を使って順張りシグナルを出している様子が読み取れるが、実際にPDFで紹介されていることもそのまんまだった。


本書を掻い摘んでみていくと、
7頁  損切りは絶対
9頁  VT(CT)‐TRADERシステムを利用する
    FXA証券、CMSジャパンの紹介、URLリンク
   1時間足と4時間足をメインに使う
14頁 平均足チャートへ「トレーディングシステムビルダー」を入れる
16頁 PerMA1のDefault数値を21から8へ変更
   PerMA2のDefault数値を34から18へ変更
21頁 平均足とシグナルが合致した時間帯の次の時間帯のエントリーが
   効率が高い
   平均足が反転した次の時間帯でも決済
   しばらくして平均足が反転した場合エントリーポイント
22頁 ロスカットは100pips〜300pipsで設定
   

「サラのシステムトレード」との違いは、パラメーターの数字が微妙に違う程度。
ご丁寧に、VTで使うトレーディングシステムから、シグナルの騙しにひっかからないためのエントリーのやり方、いったんクローズした後の再エントリーの考え方まで同じときている。


ここまで似ていて、発売時期に差があると「パクリ疑惑」を指摘されても仕方あるまい。

「サラのシステムトレード」については今回言及を避けるが、
「Rays・FX」の説明は簡易版という印象だ。

「サラのシステムトレード」は通貨ペアやチャートで使う時間軸も基本的に指定しており、それに従ってバックテストをした形跡があるが、「Rays・FX」ではそのあたりが曖昧で不安になる。


マニュアルには
「当方の試験結果では「1時間足」「2時間足」「4時間足」がより有効でした」とあるが、どの通貨ペアで、どのくらいの期間で試験したのかは書かれていない。もちろんパフォーマンス・レポートは一切公表されていない。


販売サイトには、「情報商材を買う方の多数が「初心者」に近い方々」だから、PFもPRもDDも、あえてマニュアルに記載していないなどと人を馬鹿にしたような記述があるが、バックテストをしているのなら、パフォーマンス・レポートを公開するのは常識ではないか。


購入者が初心者だったら、
「バックテストの結果はこうですよ。最大で、こんな含み損になるケースが過去にありましたよ。これだけのリスクで、これだけのリターンを見込んでいますよ」と噛み砕いて説明してあげればよいのだ。


相手が初心者だからデータはどうでもよい、
「結局、勝てばいいんです」というのは暴論としか言いようがない。

「結局、勝てばいいんです」とは、たいそうな自信だが、それはどこから出ているのだろう?


ちなみにインフォーマンは、「サラのシステムトレード」をバックテストしたことがあるが、たしかに年単位で見て数字は若干のプラスだった。


なので、「Rays・FX」のバックテスト・データがプラスになる可能性を否定するつもりはないが、この手法で販売サイトにあるような
「勝率は、平均しますと75%〜85%位を推移しています」
という状況が起こるのは非常に考えにくい。


実際に2007/11/30〜2008/1/18のUSD/JPYを1時間足で検証してみたところ、発生した117トレードの勝率は30%ほどで収支はマイナス234pipsだった。


超短期のデータでもあり、これを根拠にどうこう言うつもりはないが、75%〜85%という勝率を平均して叩き出すには、連戦連勝というシチュエーションがどこか他の期間になければならない。


平均75%〜85%の勝率で、平均ドローダウンが13%〜18%、年間6156pipsも稼いでいることを主張するのなら、当然このデータが出てくるバックテストかフォワードテストのデータがあるわけで、それを公開すれば爆発的大ヒットFX情報商材になるのだから、公開しない手はない。


つまり、常識的に考えれば、根拠なき誇大広告といえる。


ちなみにに販売サイトにある12月度の日別成績を検証してみようと、同期間のUSDJPYを1時間足でテストしてみたが、収支はマイナス81pipsであった。


どうも1時間足の実績ではないようなので、4時間足で検証するとプラス9pipsとなった。これも日別成績には遠く及ばない。


対象通貨を明示していないので、USD/JPYではない、とこの業者は言い逃れるかもしれない。


こうなるとGBP/JPYかもしれずUSD/CHFかもしれず、それを全部検証することは不可能だ。


競馬に例えれば、○月○日、回収率150%
        ○月○日、回収率120%・・・
等と儲かった数字を挙げているのに


中山競馬なのか京都競馬なのか、はたまた地方の大井競馬なのか・・・
何レースを馬連で買ったのか枠連で買ったのか単勝か・・・


そういうことが一切書かれていないのに等しい。


玄人が見れば全く信用できない成績公表なのである。


販売サイトには、「円高に強い、通貨分散にも対応」ともあるが、そう言うからにはその根拠となった複数通貨ペアも指定すべきだ。


マニュアルにそれに関する記載はいっさい無い。つまり虚偽広告。
この商材は購入しても広告どおりの成果は得られないのだ。


また、「スワップポイントで着実に勝てる性能も持ち合わせています」とあるが、この点についても説明がない。これも虚偽広告。


また、Q&Aには、
「毎年相場の流れは変わりますので、ファンダメンタルや日経平均と連動してシステム設定を変える必要があります。」
とあるが、3年間の統計分析からできた手法ではなかったのか?
しかも「日経平均」まで飛び出している。


「日経平均」は、このシステムにどのように組み込むのだろう。商材には触れられていない。

無責任この上ない。
インディケーターのパラメーター数値を最適化する際に考慮するとでも言うのだろうか。


販売サイトには他に
「一見FX-VTとは関係ないと思っていた『あるテクニカルデータ』を組み合わせて考えたとき、突然ひらめいたのです」ともあるが、マニュアルではそのテクニカルデータについて触れられていない。


あるのは知れ渡っている準王道的な手法だけなのだ。


ここでも実際の商品内容と異なる記述を販売ページで行っていることになる。これらの虚偽・誇大・不実告知は全て違法である。


さらに気になるのは返金保証で、
「サポート期間である62日以内に、シグナル通りトレードを行って一度も利益が出なかった場合、本マニュアル代金を全額返金致します。」
と言う。


62日もトレードして、一度も利益が出ないシグナルを開発するほうが難しいだろう。この返金保証条件は、無いに等しい代物だ。


逆に言えば、このような詭弁、騙しに引っかかる素人だけをカモにしているのかもしれないが。


FXの情報商材は、いつのまにか売れ筋商材として定着し、たくさんの種類が発売されているが、その多くがパフォーマンス・データを公開しないことには大きな疑問を感じる。


さらに、本商材のように、商材本体で触れられていないものが、販売サイトでさも凄いノウハウのように謳われていることは虚偽広告であり、詐欺に等しい。


このような商材が売られる限り、FX商材の信用は益々低下していくだろう。販売者には適切な情報公開と適法な販売を切に願いたい。


論評    インフォーマン
構成・文責 山岸悟



●この商品はセールスレターに虚偽があり、景品表示法第4条(不当表示・優良誤認)違反、特定商取引法第12条(誇大広告)違反、消費者契約法第4条(不実告知契約の取消権)の援用 により、インフォトップに返品を申し出たい購入者は早めに契約解除通知を送付してください。

インフォトップの返金対応はインフォトップ規約第18条3項
http://info.infotop.jp/regulation.php
定めてあるとおり、購入月の翌月末までです。

契約解除は出来れば高濱社長宛に内容証明郵便で送るのが好ましいですが、まずはメールと電話で解約意思を示してください。数百人の消費者が既にインフォトップから返金されています。

泣き寝入りは詐欺業者の思う壺です。

--------------------------転載 ここまで------------------------

デイトレードで言えば、
今すぐデイトレードで儲けたい・稼ぎたい・負けたお金を取り返したいあなた!誰にも相談できず思い悩むあなた!あなたと同じ悩み苦しみを体験した事のある私が、すべて解決します。「反転くん」
の様に、直接 電話で話を聞く事が出来たり 店舗に出向く事が出来るこのような商材の方が安心ですね。当然 評価も高いです。


FX系情報商材の実践レビューなら
hola(おら)さんのブログが参考になると思います。
 「アフィリエイトで収入倍増!ちょっとの工夫で月収+25万稼ぐ方法」

プロフィール
管理人:QUEST-KING
(クエスト大王)

gohyakurakan4.jpg

過去ログ
2017年05月(3)
2017年04月(5)
2017年03月(6)
2017年02月(6)
2017年01月(7)
2016年12月(9)
2016年11月(8)
2016年10月(7)
2016年09月(9)
2016年08月(10)
2016年07月(8)
2016年06月(12)
2016年05月(12)
2016年04月(17)
2016年03月(18)
2016年02月(17)
2016年01月(16)
2015年12月(17)
2015年11月(16)
2015年10月(18)
2015年09月(16)
2015年08月(18)
2015年07月(18)
2015年06月(20)
2015年05月(13)
2015年04月(16)
2015年03月(21)
2015年02月(18)
2015年01月(11)
2014年12月(18)
2014年11月(30)
2014年10月(49)
2014年09月(48)
2014年08月(44)
2014年07月(50)
2014年06月(49)
2014年05月(37)
2014年04月(17)
2014年03月(19)
2014年02月(16)
2014年01月(16)
2013年12月(18)
2013年11月(18)
2013年10月(20)
2013年09月(22)
2013年08月(18)
2013年07月(18)
2013年06月(17)
2013年05月(21)
2013年04月(23)
2013年03月(21)
2013年02月(20)
2013年01月(41)
2012年12月(20)
2012年11月(22)
2012年10月(23)
2012年09月(20)
2012年08月(23)
2012年07月(23)
2012年06月(20)
2012年05月(21)
2012年04月(21)
2012年03月(23)
2012年02月(21)
2012年01月(23)
2011年12月(22)
2011年11月(22)
2011年10月(23)
2011年09月(22)
2011年08月(27)
2011年07月(24)
2011年06月(25)
2011年05月(27)
2011年04月(25)
2011年03月(27)
2011年02月(21)
2011年01月(21)
2010年12月(31)
2010年11月(28)
2010年10月(30)
2010年09月(27)
2010年08月(40)
2010年07月(37)
2010年06月(36)
2010年05月(29)
2010年04月(26)
2010年03月(29)
2010年02月(24)
2010年01月(22)
2009年12月(27)
2009年11月(24)
2009年10月(21)
2009年09月(18)
2009年08月(21)
2009年07月(22)
2009年06月(17)
2009年05月(13)
2009年04月(16)
2009年03月(16)
2009年02月(19)
2009年01月(20)
2008年12月(18)
2008年11月(13)
2008年10月(20)
2008年09月(15)
2008年08月(13)
2008年07月(16)
2008年06月(14)
2008年05月(13)
2008年04月(11)
2008年03月(13)
2008年02月(12)
2008年01月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(14)
2007年10月(21)
2007年09月(22)
2007年08月(9)
2007年07月(26)
ランキング参加中!

 訪問ありがとうございます!

 私のブログ継続の原動力
 応援ヨロシクでっす!!


最近の記事
カテゴリ
ファン

Copyright © 詐欺商材情報と、アフィリエイト情報 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます