アクセスUPさせる記事タイトル作成方法:インパクトを与えるタイトル名のテクニック 実践テンプレート

こんにちは、
ネットコンサルのクエストキングです。


ディスカバリーチャンネルで放送中の
『ゴールド・ラッシュ3』見てますか?

本題とは、まったく関係ないように見えますが、
わずかな変化を見逃さず、挑戦し続ける姿には
ネットで集客するのと通じるモノがあります。

それでは、わずかなチャンスでも掴めるよう
はりきって吸収しちゃってくださいねー

アクセスUPさせる記事タイトル作成方法-11

タイトル名で大切なのが、スッと受け入れられて
それでいてインパクトがあるフレーズがあることです。

今回のテクニックは、どれも馴染みのあるモノばかり、
しかし、それだけ反応(受け)が良い方法なのです。

「知っている」だけでは利益を生みませんので、
しっかりと活用できるように理解してください。

「知っている」のと「活用できる」のとでは
雲泥の差、どころか、ゼロと100くらいの違いです。

稼げない人の特徴は『知ったかぶり』や
『解ったつもり』でいる人なんですよ。

コンサルティングでこれらの方法だけでも
売上が何倍にもなった話はマジに多いです。

知っているのに実践してないとか、
上手く実践に生かせていないのです。

まずは基本となる前回の記事をチェックしてね。

『タイトル名作成実践テンプレート(3)』

ひらがな・漢字・カタカナ・数字・記号が持つ意味と使い方だよ。



季節を表すフレーズを入れる

春夏秋冬、暑い・寒い、バレンタインデー・・・

こうしたキーワードは、“今”を表していて
訴求力が強いキーワードになります。

季節限定みたいなモノが多数あるよね?

それはつまり、その時以外は、
ほとんど関心を持たれることはない。

しかしその季節にだけは、どっかんどっかんと
アクセスが伸びるキーワードなんですよ。

こうしたイベント名などを含んだキーワードは、
そのイベント前が、かなりホットになります。

ところが、こういう例もあります。

「もう夏なのに・・・」

別に何かを限定しているわけでも、
緊急性を感じさせている訳でも無いんですが、

「もう夏なのに」に続く文章が、
現在進行形のストーリーを感じさせ
気になってしまうというものなのです。

言い方を変えると『臨場感』ですね。

このように『イベント・季節』のフレーズを入れる事で
限定性や緊急性、臨場感を感じさせることが出来ます。

特に、趣味分野の・・・・