SEO:ゴミ情報で溢れかえるのを恐れるグーグル

SEO:何がゴミで、何が有益なのかを知る

こんにちは、
プロ・アフィリエイターのクエスト大王です。


インターネットが巨大なゴミ箱のような
クソみたいな情報で溢れかえってきています。

この事を一番懸念しているのは、
検索エンジンのグーグルなんです。

検索した結果として表示されるサイトは、
どれもこれも似たような内容の情報で、
しかも、その情報の真偽も不明。

コンテンツの公開日時が不明だと
ほぼ利用価値の無い情報になります。

10年前のコンテンツでも、
日時が判れば昔の情報として参考になるけど、
日時が無ければただのクソにしかなりません。

twitterの設計の優れているところは、
タイムラインで、古いツイートが
どんどん見えなくなっていくことです。

古いツイートも検索可能ですが、
“いま”を重視した設計って事ね。

それでは、ネットの現状を理解してから、
これからのSEOについて考えてみましょう。


コンテンツの質の低下

いま、非常に多くのアフィリエイトサイトが
ゴミのような情報を発信し続けています。

その為、アフィリエイトの印象が悪くなってます。

まぁ、無料オファーなどで騙される人も多いし、
どっちを向いても、逆風が強くなったよねぇ

このアフィリエイトというシステム自体には、
なんの問題もないんですが、アフィリを教える
リーダーたちに問題がある場合が多いかなぁ。

コンテンツの質がとにかく低い。

冒頭で書いたように・・・・